伝わる!簡潔で読みやすい文章の書き方

2021年4月1日

こんにちは、ビジネス参謀.comの白川です。

文章を書く時に、どうしても長くなってしまい、分かり難い文章になってないかと心配になる事はありませんか?
簡潔で読みやすい文章を書くには、抑えておくと良いポイントが存在します。
この記事では、簡潔で読みやすい文章を書く方法を解説しています。

この記事はこんな人におすすめ
・だらだらと長い文章を書いてしまい分かり難いと言われる人
・文章を簡潔にする方法を知りたい人

ひとつの文章でひとつの内容にする

読みやすい文章にするには、だらだらと長く文章を書いていては、バランスも悪くなり何を言いたいのかが分かりづらくなりますので、出来るだけ簡潔にする必要があります。

そのポイントになるのが、一文に複数の意味を与えない文章にする方法です。

これを「一文一意」と言って、ひとつの文章にひとつの内容にすることを言います。

具体的には主語と述語が一回ずつ使われる文章です。

一文一意にすれば誰が見ても理解しやすい文章になる

文章が長くなる原因として、修飾語や接続詞を多く使ってしまう事があげられます。

修飾語と接続詞ってどんな物?
・修飾語 「どんな」「どのように」「どこで」など、他の部分を説明する言葉
・接続語 「しかし」「もしくは」「それとも」など、他の部分を補佐する言葉

修飾語や接続語を多用すると、自然と読点が多くなってしまい、読んですぐ理解しにくい文章になってしまいます。

一文一意にする事で、この一文で何が言いたいのかが明確になるので、誰が見ても理解しやすい文章になります。

一文の長さは最長でも60文字程度に収めることを意識すれば、自然と一文一意にする事が出来ます。
60文字では伝わらない時に、修飾語を使って説明する

長い文章と短い文章でリズムを作る

一般的に読みやすい一文の文字数は80文字〜140文字程度と言われています。

Twitterで1ツイートで投稿出来る文字数が140文字以内なのは、このあたりに関係があるのかも知れませんね。

ただし短い文章ばかりでは、幼稚な文章になりやすく、長い文章ばかりでは難しい文章になってしまいます。

長い文章と短い文章を適度に散りばめることで、リズム感が生まれ読みやすい文章になります。

一文一意とリズム感で読みやすい文章を作りましょう

まとめると、簡潔で読みやすい文章とは

・ひとつの文章で言いたいことをひとつにする「一文一意」で書く
・一文の長さを60文字程度で作り、必要に応じて修飾語を使って説明する
・一文の長さは80文字〜140文字程度が読みやすい
・短い文章と長い文章を適度に混ぜる事でリズムが生まれて読みやすくなる

となります。

以上の4点を意識しながら文章を書けば、簡潔で読みやすい文章が作れます。

文章にはタイトルが必要になる場合が多いです。
もしブログのタイトルの付け方が分からない場合は、こちらの記事を参考にするのがおすすめです。