ビジネスにホームページって必要?それとも不必要?

こんにちは、たかつぐです。

ホームページを持ってみたい、でも本当にホームページって必要なの?効果がないって話も聞くけど実際どうなの?

効果があるならやってみたいけど、安い投資ではないし自分に使いこなせるかどうかも心配、そんなお悩み解決のお助けになれば幸いです。

今回は、ビジネスにホームページは必要かどうかについて解説したいと思います。

ビジネスをさらに拡大させたいならホームページが絶対必要です

インターネットとスマートフォンの普及で、ビジネスの形も大きく変わりました。

「店舗で商品を買う」が当たり前から、「ネットで商品を買う」が当たり前になって来たのは、皆さん自信も実感している事だと思います。
「Amazon」「楽天市場」などのネット通販だけでなく、「メルカリ」「ラクマ」などのフリマサービスもネット販売ですよね?

さらに「飲食店はネット販売に変われない」と言われていましたが、「Uber Eats」「出前館」の登場で出前をするのが当たり前になりつつあります。
店舗が出前を代行してもらう事で、飲食店のネット販売は実現してしまいました。
※2020年から海外のフードデリバリーサービスがぞくぞくと参入して来ています。

良く思い出して下さい。皆さんが利用するほとんどのネットビジネスの運用には、ホームページとアプリが使われていますよね?
※アプリはホームページをスマホ専用に変えているだけで、結局ホームページです。

ビジネスをさらに拡大させたいなら、ホームページは必須なんです。

ホームページの役割はビジネスのハブ機能と自動化

ホームページが不必要で、SNSの方が効果が高いと言う意見をたまに耳にしますが、本当でしょうか?

SNSも集客には確かに効果があります。ただ、SNSだけで良い理由は何でしょうか?
そもそも、SNSとホームページの役割は何が違うのでしょうか?

分かりやすく現実世界で置き換えるとこうなります。

SNS = 看板
ホームページ = 実店舗


SNSの役割は宣伝広告であり、ホームページの役割は実店舗で、商品が陳列してあって「見比べたり」「予定以外の物を購入したり」して、客単価が上がり必然的に売上も上がって行きます。
※SNSから問い合わせがあった場合は、目的の物しか買わない傾向があります。

ハブ機能とは、SNSやYoutubeへの投稿のすべてがホームページに繋がり、ホームページから別のSNSに誘導することで、宣伝効果をさらにを高くする事が可能になります。

ビジネスのハブ機能としてホームページを持つことは、インターネットの高速通信の発達で、この先さらに需要が高まる事はだれもが予想出来る事だと思います。

ホームページの役割は、ビジネスのハブ機能だけではありません。
もうひとつの役割「自動化」についても説明します。

自動化する事で本当に活用が出来るホームページになる

「SNSに投稿していたら問い合わせがあって物が売れた」
SNS集客をやっている人から聞く言葉ですが、ここにはひとつ問題点があります。

商品が売れる前には必ず「お客様とのやり取りが必要」って事なんです。
このやり取りを人間が対応する以上、「食事」「入浴」「睡眠」などの生活時間が必ず必要になり、レスポンスが悪くなります。

実店舗販売とネット販売を比べた場合、お客様にとってのメリットは、「価格面」「手間の軽減」にあります。
この「手間の軽減」が、SNSだけで集客している人には絶対に解決出来ない問題なんです。

手間について少し考えて見て下さい。
例えば、スーパーなどに買い物に行った時、店舗の中に安く飲み物が売っているのに、店舗の外に置いてある自動販売機で飲み物を買った経験はありませんか?
なぜでしょうか、恐らく「レジまで行って並ぶのが面倒だから」
この行動がまさに「手間の軽減」のメリットの大きさを証明してくれています。

自分のホームページにネット販売の機能があれば、24時間商品を売る事が出来る「自動販売機を設置」するのと同じなんです。

自動化は分かった、だったら「Amazon」「楽天市場」、「無料ネットショップサイト」を利用したら良いのでは?と考える人がいると思いますが、ネットショップの代行サービスにもデメリットがあります。

自分のホームページでネット販売するメリット

ご自身で所有しているホームページで、ネット販売をする事のメリットは大きく3つあります。

メリット1:利益率が高い

自分のホームページで商品を販売する時には、自分がページを運用しているので出店料は必要ありませんし、売上に対して運用会社に手数料などのコストを払う必要がありません。
必要なのは、決済方法毎(クレジットや電子マネーなど)に必要な決済手数料です。
※決済手数料は、0%〜4%

「Amazon」や「楽天市場」などのモール型ECサイトでの出店には、高額な出店料と手数料が発生しますが、サイトへの信頼と広告を代行してくれるメリットがあります。
※出店料は月額で2万円〜10万円、手数料は2.0%〜7.0%

「BASE」や「STORES」などの無料ネットショップでの出店には、手数料が発生します。
※手数料は、5%〜7%(一部出店料が必要なプランもあり)

月に100万円売り上げた場合の、手数料だけのコスト比較は、以下の通りとなります。

長い期間利用すればするほど、受取り金額の差はどんどん広がりますが、知名度が切り捨てられずコストを払い続ける事になります。
さらに新たなサービスが出てきたり、運営会社が倒産した場合は・・・

メリット2:ショップ機能以外も使える

自分のホームページであれば、ネットショップ機能以外に様々な事が可能になります。

・テイクアウト販売
・オンラインセッション集金
・SNSとの連動
・ブログ集客
・アフィリエイト集客 などなど

例1:テイクアウト販売の場合
ネットショッピングと言えば、分類としては「デリバリー」つまり通信販売になりますよね。
通信販売になると、飲食物は食中毒などの衛生管理上の問題で、販売出来る物には制限や許可(許可には設備化などのコスト)が必要になります。

テイクアウトの場合、この許可が必要ない場合がほとんどです。
ホームページと決済システムがあれば、事前に料金を頂いて安心して提供が出来ます。

例2:オンラインセッション集金の場合
コロナウイルスの関係で、ZOOMなどのオンラインサービスを利用した、非対面でのオンラインビジネスが増加しています。

ZOOMで「講義」「講習」「相談」「カウンセリング」「コーチング」などのセッションしてお金を頂くビジネスも増加しておりますが、集金方法が「料金振込み」でやられている方が多いです。

ホームページと決済システムがあれば、事前に料金を頂くだけではなく、アンケートや問診などの必要な情報の入力をして頂くことも可能です。

メリット3:リピート率を高くする事が出来る

自分のホームページで商品を販売した場合、購入したお客様は明確にどこから買ったか周知出来るので、ご利用頂いたお客様が再度購入したり、次のお客様への口コミや紹介が可能です。

Amazonで商品を購入した場合、「どこで買ったの?」の答えは「Amazonから買った」になってしまい、同じ商品でもより価格の安い所から購入されてしまいます。

また、顧客の管理や購入履歴の管理などが可能で、お客様一人ひとりに対して販促活動を行う事で、リピートのお客様やお得意様を増やして利益を生み続ける事が出来ます。

その他にも「定額払い」「割引セール」「キックバック」「キャッシュバック」も自由自在です。
※モール型ECサイトでは、顧客情報は運営会社が管理しており、出店者への開示が出来ません。

活用方法を知っているかどうかが最大のカギ

以上の理由から、ビジネスにはホームページが必要だと言うことがお分かり頂けたと思います。
しかし、ホームページを持っているけど、集客に活用出来ない方が多いのも事実です。

活用出来ている人と、活用出来ていない人の差はいったいどこにあるのでしょうか?

活用出来ていない人のホームページには、特徴があります。

・見栄えだけ綺麗で、必要な機能が整っていない
・自分が載せたい(言いたい)情報にとらわれ過ぎて、お客様のニーズにあっていない
・商品購入やサービス利用までの動線管理が出来ていない
・ホームページにアクセスしたくなる仕組みを準備していない
・ホームページに来てくれた人を外部サイトに誘導してしまっている

つまり、ホームページを専門業者に作って貰っただけの、「持っているだけ」の場合がほとんどです。

活用したいなら自分ですぐに更新出来る事が必須

売りたい商品やサービスの追加や、新商品や新サービスの告知、イベントやセールの告知など、ホームページを運用していると必要になってくるのが、ホームページの更新です。

専門業者にホームページを作って貰った場合、この更新作業の自由度がかなり低くなります。

・自分で更新出来る箇所が限定されている
・自分で更新出来ない箇所は、費用と時間を掛けてやってもらう必要がある
・更新内容が自分の意図と合わない事がある

本当に活用して効果を出したいなら、自分の好きなタイミングで思い通りにホームページを更新出来る事が必須です。

自分で更新出来るホームページを作るには

ご自身で1からホームページを作るのは、多くの時間と高度なスキルが必要になります。

但し、ホームページの骨格部分と、必要なシステムだけ作ってもらう事が可能であれば、ホームページ導入のハードルは一気に下がります。

パソコンの基礎レベルのスキルがあれば、あとは使い方を勉強するだけで自分自身でホームページを更新する事が可能になります。
※簡単な作業であれば、スマホやタブレットでも操作が出来ます。

自分自身で自由自在にホームページの更新が出来るようになれば、業者に追加で更新費用を払う必要も、ホームページが更新されるタイミングを待つ必要もありません。

自分のアイデアをすぐに実行出来る環境が手に入ると言う事です。

ホームページを作る上での最低限必要な知識については、こちらで解説しています。

無料のご相談を受け付けしています

・もう少し詳しい事が知りたい
・すでに持っているホームページの改善点が知りたい
・効果を出す方法が知りたい

ホームページに関するお悩みの「無料相談」を、LINEで受け付けしていますので、ご活用下さい。

友だち追加