ホームページがビジネス活用出ない人の3つの特徴

2021年3月19日

ブログ用画像制作

こんにちは、ビジネス参謀.comの白川貴次です。
ホームページを作ったけど全然効果が出ない、何が足りてないのか分からない、そんな事ってありますよね?
ホームページの運用でビジネス活用出来ない人の3つの特徴と改善点について解説しています。
これを読んであなたのホームページも反応のあるホームページに生まれ変わらせましょう
あなたのホームページ運用のヒントになれば幸いです。

ホームページが活用出来ないのはカタログ型サイトになっているから

ホームページを作ったけど、反応が全然ないと言うご相談でホームページを見てすぐに原因が分かるのは、カタログ型サイトになってしまっている場合がほとんど。

カタログ型サイトの多くの場合、デザイン性が高く見た目がキレイなんです。
一見すると悪い所が無さそうですが、実はカタログ型サイトでは反応が出ない事がほとんどなんです。

では、なぜカタログ型サイトはビジネス活用が出来ないのでしょうか?

カタログ型サイトのホームページだと検索出来る方法が少ないから

カタログ型サイトではビジネス活用が出来ない理由は、情報が限定的で探せないからです。

カタログ型サイトの場合、ホームページに辿り着くまでの入り口が極端に少ないのが特徴です。
「屋号」「地域」「業種」など限定的な情報しかないのが最大の理由になります。

試しにあなたのホームページをGoogleで検索して欲しいのですが、検索する時に
・屋号
・地名
・業種
以外の言葉で検索して出てくるか試して見て下さい。

「そんなの見つけれるはず無いじゃん」と思ったあなた、まずは自分が見つけられないのに、あなたの「屋号」「地域」「業種」を知らない人は一体どうやってあなたのホームページにたどり着くんですか?

ホームページをビジネス活用出来ない人には、思い込みや勘違いをしている人が多く、知っている人からすれば当たり前の事が全然出来ていないのが特徴なんです。

反応が出ない人には3つの特徴が当てはまります。
ひとつづつ見て行きましょう。

ホームページがビジネス活用出来ない人の3つの特徴

今から解説する3つの特徴の内、ひとつでも特徴が該当する場合は要注意です。
私の実感では、40代以上にこの特徴の人がとても多いと感じています。
もしも3つともクリア出来ない場合はほぼ諦めて、本当に実力があって運用出来る人に高額でやって貰って下さい。諦めも時には肝心です。

特徴1:見た目の良いホームページが正義だと思ってしまっている

ホームページの良し悪しは「見た目の美しさ」や「デザイン性の高さ」で、それがお客様の反応に直結すると思っている人がこの特徴に該当します。

確かに「見た目の美しさ」や「デザイン性の高さ」は必要な要素のひとつではあります。
自分が何か買い物をする時に重視するのは「見た目やデザイン性」に大きく左右される場合が多いからです。

ホームページだとここに問題が発生します。
そもそも、見た人だけが「見た目やデザイン性」を評価出来るのであって、見てない人は「評価のしようが無い」事を理解していないからです。

あなたのホームページに月間のアクセスが1000件あったとして、それでも1件も反応がない場合は「見た目やデザイン性」が低いと言う事の説明が付きますか、月間のアクセスが1件もない人は「見た目やデザイン性」の前に「アクセス出来ない」と言う問題が発生しています。

特徴2:専門外だからとホームページ業者等に丸投げしてしまっている

私は「パソコンやインターネットが苦手または不得意だから」と言う理由で、お金を出して専門の人に丸投げするのが正義だと思っている人がこの特徴に該当します。

丸投げされた人で反応が出るホームページを作れる人は、ホームページ制作の知識以外にもマーケティングの知識やホームページ運用戦略、文書作成やキャッチコピー制作など様々なスキルを持った、ほんの一握りの優秀な人だけになります。
こう言う優秀な人に任せるには、数百万円〜数千万円と言うもの凄く高いコストが必要になります。

思い出してみて下さい。恐らくあなたが丸投げしたのは、ホームページ制作の専門業者ではないですか?

専門外だからと自分以外の誰かに丸投げする場合の最大のデメリットは、自分自身がホームページが今どの状態で、あと何が必要で今のままだとどんな欠点があるかが分からない事にあります。

「知らないから当たり前じゃん」と思ったあなたは、時間と費用のコストが沢山必要になりますので、しっかり貯金して下さい。

本当に良いホームページを作ってくれるのは、あなたにホームページの知識や今後の進め方を教えてくれる、ホームページ制作を共同作業だと思ってくれている人です。

ホームページを制作する上で最低限知っておく7つの知識について、こちらの記事で解説しています。

特徴3:ホームページを作る事に意義があると思ってしまっている

オリンピックの名言に「参加する事に意義がある」と同じで、ホームページは「作る事に意義がある」と思ってしまっている人がこの特徴に該当します。

20数年前は今よりもインターネットが普及していなかったので、ホームページを持つ事自体がビジネスのステータスでした。
専門知識を持っている人も少なく、今よりも作るのが大変だったので、費用も200万円超えが当たり前でした。

しかし時代が進みインターネットを使うのが当たり前になって来た現代では、ホームページを持っている事にステータスはなくなってしまったのに、「ホームページは持つことに意義がある」と、昔の知識のまま情報を更新出来ていない事が原因です。

昔はゴールだった作るが、今はスタートでしかなくなってしまったんです。
つまり、ホームページは作ってからが本当のスタートなんです。
スタートラインから足を踏み出してますか?

ホームページをビジネス活用するためのには静から動へ変える事

3つの特徴も理解出来たし意識も変わった、でも何をしたら良いか分からないですよね?

絶対にやらなければ行けないのは、置いてあるだけの止まったままのホームページを、動かしてあげる事が必要になります。キーワードは「静から動へ」です

「静から動へ」とは、あなたのホームページにアクセス出来る方法を増やして行く事にあります。
つまり「屋号」「地名」「業種」以外であなたのホームページにアクセス出来る方法が増やせれば、反応が出る可能性もドンドン高まって行く事になります。

それでも何をどうやったらビジネス活用出来るか分からない

ホームページのアクセスを増やす方法は大きく3つあります。

1.SEO対策を実施する
2.ブログを執筆する
3.SNSと連動させる

難しそうに感じるかも知れませんが、効果を出すためには絶対に必要な事なんです。
やり方が分かれば誰でも実行可能ですが、出来るかどうかはあなた次第です。

「面倒だから」「やれる気がしない」と思った方は、ホームページのビジネス活用は諦めましょう

「やり方は教えてくれないの?」と思ったあなた、ここで解説して出来るなら誰も苦労しません。
人に得意不得意があるのと同じで、あなたにはあなたの最適なやり方が存在します。

アクセスを増やす3つ方法はお伝えしました。
この後どうするかは、あなたの意識の問題になります。

・本を買って読む
・勉強会やセミナーに参加する
・Youtubeを見てみる

行動しなければ、何も変わりませんよ。

ホームページ活用の無料相談もやっています

当サイトでは、あなたの抱えるビジネスの問題点の無料相談を行っています。
悩んだ時に安心して相談出来る片腕的存在それが「ビジネス参謀.com」です。